エレベーターの上座を知っていますか?

ビジネスの場において、お客さんと過ごす場所として頻度が高いのは、意外にもエレベーターではないでしょうか。
社内の案内や会議室への移動、どの会社も必ずエレベーターを使用していることと思います。


お客さんに同行して外出した際に、移動の途中に乗ることもありますね。

でもあまりエレベーターでのマナーは知られていません。

待つときはドアの前からよけて待つ、降りる人を優先にする、中ではおしゃべりをしない、ボタンの前の人は乗ってきた人に「何階ですか?」と声をかけるなどのマナーは多くの方がご存知だし、実行していることと思います。

エレベーター 点検情報サイトです。

しかし、中での立ち位置にもマナーがあることをご存知でしょうか?場所によって優劣があるというのを知ったのは、中学の礼法の時間でした。



和室であれば、床の間に近いほど、また同じ距離ならば左側(床の間に向かって右側)が上座となります。


そういった礼儀は和室の場合だけと思っていたのですが、テレビなどの知識番組を通して、それがエレベーターの中に立つときにまでもあるということを知りました。床の間のない部屋では、出入り口からより遠い方、そして左側(出口から向かって右側)が上座となります。
しかし、和式と西洋ではその考え方が逆。

和式は左側が、そして西洋は右側が優位となります。



エレベーターは西洋の乗り物ですから、一番偉いお客様の立ち位置は、一番奥の右側(出口から向かって左側)となります。出口に一番近い左側が一番の下座となります。

ただしボタンが右側にある場合は、右側であっても一番の下っ端はボタンの前に立つことになるのです。
ややこしいですが、お客様は右奥、自分はボタンの前。

そう覚えておきましょう。